接合というジャンルを極めてゆくと全く新しい複合機能を持った素子や光学機器に出会うことが出来ました
our products
our concept
about us
my opinion
news
3dimension
接合
会社概要

1964年 ()松川電子製作所創業 電解コンデンサー製作
1983年   光学機器組立製造会社として業態を変える。日東光学鰍フレンズ接合工程 請け負う
1990年   新社屋完成 チノン 一眼レフカメラファインダー組立
1994年  京セラ岡谷工場 完成カメラ組立
2000年   プロジェクター用プリズムアレイ接合、製造
2005年  業態を光学機器製造の下請け業務から自社開発提案型の事業に変換する
2005年  台湾E光学社にてPSコンバーター事業立ち上げ総括マネージャー
2006年  階社の極薄水晶フィルター接合機開発技術顧問
2007年  年徳島県立工業試験場における紫外域LED光合成モジュールの設計製作2007年  NHK技研と次世代スーパー・ハイビジョン光学設計担当、および光学エンジン共同特許出願
2007年  N社でのナノ・エンコーダー開発部の位置センサーの光学系製作、
2008年      大阪大学院工学研究科での赤外光および可視光による撮像システムの設計提案及び製作
2009年      立体映像装置考案  国際特許出願
映像情報メディア学会にて発表。同学会にて優秀研究発表賞受賞。
3Dコンソーシアム立体映像研究会合同セミナーで講演
2011年 フィリプスプリズムを使ったクロロフィル活性度測定カメラ試作する
2012年中小企業総合展in関西2012出展 植生カメラに注目が集まる。

2013年 中小企業ものづくり支援事業応募採択を受け 効率的な長尺UV露光配向装置の開発試作に着手。
2014年 裸眼立体表示のためのマイクロレンズアレイカット&接合(精度1.0μ)に挑戦中。



業界におけるHi-MEC社の地位・立場・状況など

接合というアイテムを基本コンセプトとして伸ばしてきた会社であり、精密な接合により精密なプリズムを製造することが出来るようになった。加えてそのプリズムの界面に多層膜を蒸着しさらに接合組立する事によって光学的な複合機能を持たせ、光学機器のコンパクト化や多機能機器への貢献を果たしてきている。



ボタン微細加工
sitemap
硝材
〒399-8501
長野県北安曇郡松川村
5721-276
Tel.0261-62-8814
Fax1261-62-640

info@hi-mec.ecnet.jp

mail